自律神経失調症の診断チェック【精神を安定させて完治を目指す】

自律神経の異常による疾患

看護師

自律神経失調症とは病院での検査では異常がないと診断されるも、身体的、精神的に様々な症状が現れる疾患です。主にストレスが原因で交感神経と副交感神経のバランスが乱れることにより発症する疾患です。生活習慣を整えながら、医療機関への受診も行なっていきましょう。

» 詳細

自律神経が乱れる病気

病棟

自律神経失調症というのは部位によって色々な症状が出ます。手足が冷えたり顔がほってたり肩がこったりします。誰でも経験があるような症状なので、不安な場合は医師の診断を受ける必要があります。この病気は自分で治す努力をすることが必要で、医師のカウンセリングなどの治療法が行われます。

» 詳細

ストレスケアは心のケア

看護師

ストレスが起こす体の不調

自律神経失調症はどのようにして発病するのでしょうか。仕事でトラブルがあったり、睡眠不足が続いたりすると心に余裕が無くなりストレスを強く感じる事があります。他にも自分自身が特にストレスを感じていなくても日々、蓄積されていく場合もあるのです。その時、ストレスを発散させずに放っておくと眩暈、動悸、疲れやすい、疲れが取れない、倦怠感など感じるようになり病気の心配をするようになってきます。女性の場合、更年期障害に少し症状が似ているので年齢によっては婦人科に駆け込む方もいるでしょう。では、自律神経失調症とはどんな病気なのでしょう。自律神経には交感神経と副交感神経と二つあり、このバランスがストレスや不摂生によって乱されると症状となって体に表れるのです。自律神経のバランスが崩れると、交感神経と副交感神経が本来行なうべき機能をしてくれなくなり、心や体に様々な症状が現れます。ですが、病院で検査を受けても特に異常も病気も見つからないというケースも時にはあります。体調が思わしくなく、どんどん憂鬱な気分で落ち込んでしまうと、最終的に医師から自律神経失調症の診断を受ける場合もあります。自律神経失調症は、検査などで診断されるものではないのです。診断をするにはまず、他の病気の可能性を考え検査し、もし当てはまるものが無ければ、そこで初めて自律神経失調症の診断が下されるといった流れになっています。

原因から探るストレスケア

自律神経失調症の診断を受け、まず最初の治療は投薬療法が取り入れらます。色々ある症状の中で不眠や食欲不振、気分の落ち込みや不安感等は抗不安薬、自律神経調整薬、ホルモン剤、抗鬱剤などの投薬療法で改善されるでしょう。しかし、薬にばかり頼っていても自律神経失調症は治りません。根本のストレスをそのまま放置していてはずっと病気と付き合っていかなければならなくなるのです。ストレスの自覚が無くても症状が出ているという事は、やはり体が負担と感じているのです。自分のストレスが何処にあるのか、まずは探ってみましょう。それが職場の人間関係や業務内容にあった場合、上司に診断を受けたと相談したり、身近な近しい人に相談や愚痴を言うだけでも改善される事もあります。自分の趣味に没頭したり、運動をして気分転換を図るのも症状改善に繋がります。自律神経失調症の原因の一つに不摂生というのもあるので、夜は早く眠り朝のウォーキングなどで太陽の光を浴びて体を動かしたりするのも効果的です。適度な運動は交感神経と副交感のバランスを整えてくれるので自律神経失調症の再発の防止になります。ですが、運動が症状を改善してくれるから言って、無理をするのは逆効果です。無理なく自分のペースで有酸素運動やリラックスできるようなストレッチやヨガなどを取り入れると良いでしょう。こういったストレス発散方法は、心療内科や精神科を受診することで提案してもらうこともあります。薬と日常生活の改善で快適な生活を送れるようにしていきましょう。

原因不明の体調不良とは

医者

自律神経は、交感神経と副交感神経という相反する働きをする2つの神経で構成されています。この2つの神経のバランスが崩れると、体のあちこちに様々な症状が起こります。内臓や血液等を検査しても何の異常も発見されない場合は、自律神経失調症と診断される可能性が高いです。

» 詳細

原因がないのに不調

診断

自律神経失調症は、どこも悪い所がないのに常に不調になってしまいます。原因の大元は、精神的な事が多いのです。現在、社会的にも問題になるほど増えています。体調が変だと思ったら心療内科か精神科を受診してみて診断を受けてください。1日も早く不調を治して普通の生活ができるようにしていきましょう。

» 詳細